審査について

審査について


提出書類

審査を希望される歯科医院の方は、 以下書類のご提出をお願いいたします。
また、「設備環境図」には、サンプルを添付してありますので、参考にしてください。

受審の手引き(受審申込書) [4.7MB]

審査のシステム

歯科外来診療環境体制加算に関してはあくまで自己申告制による性善説に基づき加算が認められています。本協議会におきましては、患者の不安をなくすために、第三者機関である歯科医療情報推進機構(IDI)に依頼し、歯科外来診療環境体制加算算定歯科医院で査察依頼があった場合には直接審査官が歯科医院に出向き、審査を行っていただいています。
専門審査官が院内感染防止対策のチェック項目を入念に審査し、IDI本部に持ち帰り、専門審査部会において討議し改善点を指摘して改善報告を受けて受理をするようになります。
IDIからの広告を受け受理された歯科医院に関しては特別枠にて掲載します。

審査の流れ


院内感染防止対策推進協議会HPに
歯科外来診療環境体制加算を算定している歯科

医院名を掲載
(歯科医院名は全国の厚生局HPに掲載されている公知の情報です)

詳しい審査を希望する歯科医院

IDIに審査を依頼

IDIの現地調査

IDIより結果報告 受理

院内感染防止対策推進協議会HPに
第三者機関の審査合格歯科医院であることを掲載

審査項目


歯科外来診療環境体制加算に関しての項目

1)歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準

1.
偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
2.
歯科衛生士が1名以上配置されていること。
3.
患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。
  • 自動体外式除細動器(AED)
  • 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
  • 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
  • 血圧計
  • 救急蘇生セット(薬剤を含む)
  • 歯科用吸引装置
4.
診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
5.
口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
6.
感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
7.
歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。
8.
当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法やその対応および当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

さらに以下の項目に関して入念に審査いたします。

院内感染防止対策

スタンダードプレコーションの考えから特に次のような点を厳しく確認し、実施されていない場合は改善勧告をいたします。改善が確認できた時点で認定を行います。

【IDI訪問審査における院内感染防止対策の審査要点】

1.
すべての患者に対してスタンダードプレコーションに基づき対応していること
2.
ハンドピース類に関して適切な滅菌が施されていること
3.
滅菌後の器具に関して適切な保管、管理が行われていること
4.
体液に触れるすべての治療においてグローブを使用すること。
5.
血液の付着が認められるガーゼ・ワッテ類の廃棄は感染性医療廃棄物として適正に処理されていること
6.
往診を行う場合は、患者ごとの器具を準備し、処置内容に適した滅菌、消毒をおこなった器具を使用すること
7.
清潔域と不潔域の認識がすべてのスタッフで共有されていること。
8.
口腔内外科処置(インプラント治療など)においては、清潔な空間で施術されていること。
9.
口腔内で使用する薬剤が適切に取り扱われていること
10.
針刺し事故防止対策を適切に行い、事故発生時の対応を策定していること

安心・安全の目安

歯科医院を受診したときに
安心・安全な歯科医院であるかを見分ける目安

【玄関・待合室】

1.
玄関 土足である。スリッパの場合はスリッパがきれいで紫外線のスリッパ殺菌庫で保管されている。
2.
玄関・待合室に歯科外来診療環境体制加算の届出書や歯科医療情報推進機構の認定証、日本口腔感染症学会の認定証などの第三者機関の認定掲示物がある。

【診療室】

1.
基本セットが滅菌袋もしくは滅菌カセットで用意されている。
2.
歯を削る道具(タービン・エンジンなど)が患者ごとに用意されている
3.
先生やスタッフが手袋を患者ごとに使い捨て手袋を使用している。
4.
エプロンやうがいのコップが使い捨てである。(金属のコップの場合は滅菌されている)